ニキビの芯の正体について?

ニキビの芯とは古い皮脂や角質が積み重なることにより角栓ができ、毛穴が詰まり中に古い皮脂がたまったものになります。

 

芯が初期段階ではまだ炎症は起きていなくても毛穴が閉じてしまうことで、白い芯となって見えます。通常見られる芯にはこのタイプが多く、毛穴が開いた状態で角栓ができることにより、酸化が進み黒い芯に見えてくるのです。

 

どの状態でも毛穴がふさがった状態となっており、もともと毛穴に存在するアクネ菌の増殖しやすい環境となることで、アクネ菌から放出されるリパーゼが毛穴にたまった皮脂を「遊離脂肪酸」という物質に変えるようです。

 

この遊離脂肪酸が毛穴の壁を傷つけることにより、芯の中身が毛穴の壁から外に出てしまい、これを異物として反応することにより、炎症が引き起こされることがあります。それが、黄ニキビと言われる化膿したニキビになります。

 

この状態が続くことにより、ニキビ跡が常に赤みを残し、炎症後の色素沈着という茶色いシミを残してしまうのです。しかし、こうしたニキビ跡の色は数か月位で目立たなくなると言われている事から心配することありません。

 

逆に、皮膚がクレーター状に陥没した場合には自然に治癒するということは困難であることから、気をつける必要があります。

 

ニキビの芯はとっても問題ないのでしょうか?

 

結論から言って、自分で取ることはおすすめできません。ニキビができた場合のケアには、基本的には洗顔が一番良い方法になります。しかし、洗顔は過剰に分泌している皮脂を洗い落とすことが大切なのですが、芯を洗顔のみで完全に取り除くことは難しいと思います。

 

ニキビの芯はどうして自分で潰さない方が良いのでしょうか?

 

自己判断でニキビの芯を取り除いてしまった場合、そこから細菌などが侵入してニキビが悪化する可能性があります。どうしても自己処理でニキビの芯を取ろうすると、処理後の肌に悪い影響を与えるかもしれません。指で芯を出すことでニキビを上手く潰せたつもりでも毛穴に傷をつくり、雑菌が侵入して炎症を起こしたり、化膿してしまう原因になってしまいます。

 

毛穴の中身を押し出せたとしても、ホルモンの影響下の肥大化した皮脂腺が毛穴と一緒に存在していることにより、皮脂は次から次へと皮脂腺から分泌されてしまうのでキリがありません。また、押し出そうとしたら爪の形のような赤味やシミが色濃く残るデメリットもあります。

 

そういう理由からも自分の手で無理にニキビの芯を取るのはおすすめできません。また、化膿してしまった赤ニキビや黄ニキビはいずれもアクネ菌が繁殖して炎症を起こしていることもあるので、ニキビを手で潰してしまった場合、ニキビ菌の増殖を誘発して、さらに炎症が悪化するかもしれません。

 

固いしこりが見られるニキビや大きなニキビに関してはどうしても目立つことから、思わず自分で押し出したくなるかもしれませんが、かえって悪化させてしまう危険性がありますので、できるだけ早く皮膚科を受診して圧出してもらいましょう。

 

皮膚科で芯を取るメリットについて

 

皮膚科の中には、ニキビの芯出し・圧出という処置を実施してくれます。

 

ニキビの芯出し・圧出というのは細い針でニキビの頂点に穴をあけることにより、面皰圧出器でニキビの芯を押し出すことになります。また、レーザーを利用して穴をあけ、面皰圧出器でニキビの芯を押し出す方法もあるのですが、残念なことに保険診療外の治療となっています。

 

しかし、ニキビの状態によっては、芯出し・圧出の処置ができないケースもありますので、前もって医師にニキビの状態診てもらい判断してもらってください。

 

\アンプルール透明美容水で大人の美容習慣をまずはお試し!/
ぷるつや透明美容水

おすすめ