遊離脂肪酸とは

遊離脂肪酸(FFA :Free Fatty Acid)とは、脂肪細胞で蓄えられた中性脂肪が、酵素リパーゼにより分解を行いグリセロールといった物質と一緒に血液の中に放出されたものになります。

 

遊離脂肪酸は、血液を通じて体全体にはこばれることで、体中のそれぞれの組織でエネルギーという形で使われます。余分な遊離脂肪酸は肝臓に吸収されることでまた中性脂肪へと合成することから、血液中の遊離脂肪酸の濃さは定められた値に保持されているようです。

 

遊離脂肪酸は、水と脂肪といった従来、混ざらないものを馴染ませる性質があります(両親媒性)。適正な値でしたらよいのですが、細胞に過剰に蓄積されることで、水と油の層でつくられている細胞膜を溶かしてしまい、結果として細胞を壊してしまうのです。

 

仮に、遊離脂肪酸は心臓の筋肉を稼働させるエネルギーとなりますが、心臓の調子が悪い場合、血液中の遊離脂肪酸の濃さが上がることにより、心不全を起こす危険性もあると思います。そして、アルコールの摂取、激しい運動を長時間続けることが原因でも、血液中の遊離脂肪酸の濃度が上がります。

 

ですので、心臓の調子が良くない状態の場合には、飲酒や激しい運動をすることは避けることが重要です。それに対して、遊離脂肪酸の量を少なくするのは、インスリンという物質になります。インスリンは糖の分解を促すホルモンで、食後に大量に放出されるのです。

 

それで、食後には遊離脂肪酸の血中濃度が下がります。そのように遊離脂肪酸の血中濃度には、ホルモンの分泌により制御されていますから、副腎や甲状腺の機能に異常が見られると、再吸収や血中への放出する兼ね合いができなくなります。

 

副腎や甲状腺は体中のさまざまな部分に作用するホルモンの分泌をコントロールしている部分ですので、こうした異常が起きる場合があります。そこで、健康のバロメータの1としての遊離脂肪酸の血中濃度が目安になります。

 

ぷるつや透明美容水

おすすめ